寝室に風水を取り入れて運気アップ!寝室風水のポイント8つ

開運

人生のおよそ1/3を過ごす寝室は、風水的に重要な部屋の1つです。
毎日、長時間寝室にいることになるため、影響を強く受けやすいのです。また眠りにつく場所であることから、日々の運気をリセットして心を整える場所であるとも考えられています。そのため、風水に興味がある方は、まず寝室から取り入れてみましょう。

ベッドや枕の方角は高めたい運気によって変える

まずはベッドや枕を置く方角を見直してみましょう。新しくアイテムを購入する必要がないので、すぐにでも実践できます。方角によって高まる運気の種類は違うため、自分が高めたい運気に良いとされる方角を選ぶのが良いでしょう。

太陽が昇ってくる東はエネルギーを象徴する方角で、上昇する運気は成長に関するものです。具体的には勉強運や仕事運などが挙げられます。勉強を頑張って資格を取りたい方や、仕事で結果を残したい方にぴったりです。

西

西は落ち着きを象徴する方角なので、毎日眠る寝室とは相性が良いといえます。あまり眠れなくて悩んでいる方や、睡眠の質をアップさせたい方は西を選びましょう。

恋愛運や金運などを上昇させる方角でもあるので、恋愛をしている方やお金を貯めたい方も西との相性が良いといえます。

活動的なイメージを象徴する南は、活気に満ちあふれた生活をしたい方にぴったりな方角です。スポーツをしている方や体を動かすことが好きな方に適しているでしょう。一方で、あまり眠れなくて悩んでいる方にはおすすめできません。

さらに、人気運がアップする方角でもあります。周りからの人気を集めたい方や、多くの人と関わる仕事をしている方などに向いています。

「北枕は縁起が悪い」ということを聞いたことがあり、寝室では北の方角を避けている方もいるでしょう。しかしそれは仏教的な考え方で、風水ではむしろ最も運気の上昇が期待できる方角です。

具体的には金運の上昇に効果があるといわれており、資産を増やしたい方や収入をアップさせたい方に適しています。健康運の上昇にも良いとされているので、ベッドや枕の方角としては特に北がおすすめです。

それぞれの方角と相性の良い色を組み合わせる

ベッドや枕の方角を決めたら、次は色も意識しましょう。それぞれの方角によって相性の良い色は違います。色と組み合わせることでさらなる運気アップが期待できるので、ぜひ取り入れてみてください。まずはすぐに実践できるシーツや枕カバーの色から変えましょう。

東⇒緑色・茶色

「木」の気を表す東と相性が良いのは自然にある色です。まさに木の色である、緑色や茶色を積極的に選びましょう。

さらに木に欠かせないものとして、「水」の色を取り入れると運気アップが期待できます。水色や青色をアクセントカラーとして使ってみてもいいでしょう。

西⇒金色

「金」の気を表す西と相性が良いのは、金色です。金色を取り入れることで金運をアップさせられるでしょう。

ただし、寝室に金色を使うのはハードルが高いかもしれません。シーツや枕カバーで取り入れるのは難しいので、小物やオブジェなどで金色を選んでみてください。

南⇒緑色

活動的なイメージを持つ南は「火」の気を表しています。その火をさらに燃やすための燃料として、「木」に関連する緑色と相性が良いのです。

なお、火に関連する赤色とは相性が悪いため注意しましょう。赤色もまた「火」の気が強く、組み合わせることで効果が強くなりすぎる可能性があります。眠れなくなったりイライラしたりすることがあるので、赤色は避けましょう。

北⇒ピンク

「水」の気を表す北は冷えやすいという特徴を持っています。そのため、ピンクなどの温かみのある色と相性が良いといえます。クリーム色なども取り入れて、全体的に暖色系でまとめましょう。

掃除と洗濯を徹底する

寝室に限らず掃除と洗濯は風水の基本ですが、寝室では特に力を入れましょう。なぜなら、寝室は1日の厄を落とす場所だからです。ベッドや枕が寝ている間に体から落ちた厄を吸収しているため、きれいに洗い流す必要があります。パジャマも忘れずに洗濯しましょう。

シーツや布団カバーを洗濯するのは大変ですが、できればこまめに洗ってください。面積が大きいものほど清潔に保つことが大切です。運気の上昇が期待できますし、洗濯することで晴れやかな気持ちになれるでしょう。

洗濯できないマットレスは、頻繁に干してリフレッシュさせることが大切です。太陽にさらすことで浄化できますし、太陽の強いエネルギーを吸収することもできます。

掃除も大切です。ベッドの下は見えないからといって放置していると、どんどんホコリが溜まります。悪い気を集める原因になりかねないので、少なくとも週に1回は掃除機をかける必要があります。

ベッド下に収納がある場合は、頻繁に物を出し入れしてホコリや湿気を溜めないようにしましょう。ホコリが溜まると邪気を集めてしまうので注意が必要です。

寝室に合う観葉植物を置く

寝室には観葉植物を置くことをおすすめします。その理由は主に2つ。1つ目は、空気をきれいにしてくれる効果が期待できることです。有害物質を吸収しながら新鮮な酸素を出してくれるので、天然の空気清浄機だといえます。

2つ目は、加湿効果が期待できることです。根から吸った水分が葉っぱから出て行くことで、天然の加湿器のような働きをしてくれます。

寝室に植物を置く時には、あまり神経質にお世話をしなくてもいいものを選びましょう。日光が当たりにくい場所でも育つように、耐陰性に優れているものを選ぶのがポイントです。寝室はエアコンなどによって乾燥しやすいため、乾燥に強い植物も適しています。

なお、死を連想してしまうドライフラワーは避けましょう。おしゃれなアイテムですが、ネガティブな影響を受ける可能性があるため、寝室には向いていません。

以下、おすすめの観葉植物を紹介します。

ドラセナ

「幸福の木」ともいわれるドラセナは、風水的にさまざまな効果が期待できる植物です。具体的には、開運や人間関係運の上昇、魔除けや厄除けに良いとされています。

耐陰性に優れていることも、寝室に置く植物として適している理由の1つです。ただし、あまりにも日光に当てないことが続くと葉っぱの色が悪くなる可能性があるので、たまには窓際に置いてあげましょう。

モンステラ

丸くて大きな葉っぱを持つモンステラは、リラックス効果がある植物です。「陰」の気を持っているので、落ち着いて眠りたい寝室にぴったりでしょう。風水効果をよりアップさせたいのであれば、北東や南西、南に配置することが大切です。

半日陰の環境で育つので、それほど日光が当たらなくても問題ありません。生命力が強い植物なので、初心者の方でも育てやすいといえます。

アイビー

下に垂れ下がる葉っぱがおしゃれなアイビーは、インテリアとして取り入れやすいでしょう。耐陰性に優れているため、それほど明るくない寝室でも育ちます。ただし日光も好むため、窓際に置いたり壁に掛けたりするのもおすすめです。

風水的には、結婚運や恋愛運の上昇が期待できます。

ガジュマル

「多幸の樹」とも呼ばれるガジュマルは、幸せをもたらす植物です。金運や仕事運を上げてくれるでしょう。西に置くことで出費が抑えられて、東に置くことで仕事運のアップにもつながります。

強すぎる日光には弱いので、西に置く場合は西日に注意しましょう。レースカーテンなどを活用して、直接日が当たらないようにする必要があります。

オモト

「縁起草」と言われることもあるオモトは、悪い気を吸って良い気を呼び込む縁起の良い植物です。邪気を浄化してくれる効果が期待できるため、鬼門である北東に置くと風水効果がアップするでしょう。

丈夫なので比較的育てやすい植物でもあります。多少日当たりが悪くても、大切に育てることで長く青々とした葉っぱを楽しめます。

起きたら窓を開けて換気する

朝の寝室には、寝ている間に出た厄が溜まりやすいです。そのままにしていると、その厄が家中に充満する可能性があります。

そのため、毎朝起きたらカーテンと窓を開けて換気することをおすすめします。長時間換気する必要はないので、寒い季節もできれば続けましょう。

そうすることで部屋の中の空気が新鮮なものになりますし、気分もリフレッシュします。太陽の光を浴びることで目覚めもよくなるでしょう。

電化製品を近くに置かない

風水において電化製品は気が乱れる原因となるものなので、近くに置くのはあまり好ましくありません。運気が下がったり睡眠の質に悪影響を与えたりする可能性があるため、なるべくベッド周りに置かないようにしましょう。

特に、スマートフォンは手放せない方が多いかもしれません。しかし電波をキャッチするスマホは、睡眠中にはなるべく避けるべきだといえます。いつ音が鳴るか分からないものなので、睡眠を阻害しやすいアイテムでもあるのです。

できれば寝室に持ち込まないほうがいいですが、必要な場合はベッドから離れたところに置きましょう。もしくは足元に置いて、なるべく影響を受けないように工夫してください。

ちなみに、布団と電化製品を一緒に押し入れに収納するのもあまり良くありません。しかし、使っていない電化製品を出したままにすることも良くないため、片付けることは大切です。

どうしても一緒に収納しないといけない場合は、電化製品に布をかけておくと安心。気を閉じ込めてしまうビニール素材は避けて、綿などを選びましょう。

大量の人形やぬいぐるみを置かない

人形やぬいぐるみが好きで集めている方もいるでしょう。たしかに可愛いアイテムですし、プライベート空間である寝室に置きやすいといえます。

しかし、人形やぬいぐるみは風水的にあまり良いとはいえません。家から出られない人形やぬいぐるみは、持ち主を同じ状態にしやすいといわれています。家に縛られるという意味から、婚期が遅れることに繋がる可能性があるでしょう。

さらに、ぬいぐるみは清潔に保つのが難しいことから、運気を下げやすいとも言われています。ホコリや湿気が溜まりやすいので、寝室に置きたいのであればこまめに掃除しましょう。掃除機でホコリを吸い取ったり、手洗いで汚れを落としたりすることが大切です。

数を増やしすぎると手入れが追いつかなくなるので、できれば3個程度にとどめましょう。お気に入りのものを大切にできれば、運気の低下もそれほど気にする必要はありません。

寝ている姿が映る場所に鏡を置かない

寝室に鏡を置いている方は少なくないでしょう。鏡を置くこと自体は問題ではありませんが、置く場所には気をつけないといけません。

特に、寝ている姿が映ることは風水的に良くありません。鏡に気を吸い取られて睡眠の質が下がったり、寝起きが悪くなったりするかもしれません。悪夢を見る可能性もありますので、鏡の位置を変えたり角度をずらしたりしましょう。

どうしても位置を変えられない場合の対処法は、使っていない時に布を被せることです。そうすることで鏡による悪影響を避けられます。三面鏡の場合は、きちんと畳んでから寝るようにしましょう。

鏡を置いていないのに寝起きが悪かったり、悪夢を頻繁に見たりする場合は、テレビやパソコンなどの画面に寝姿が映っていないか確認する必要があります。電源を入れていない状態の画面は反射して鏡のようになるため、鏡と同じように置く位置には注意しましょう。位置を変えられないのであれば、布をかけておくと眠りやすい寝室になります。

まとめ

寝室は毎日の疲れを落とす場所なので、風水を意識して環境を整えましょう。まずは、ベッドや枕の位置を変える、寝具を洗濯するといった方法であれば取り入れやすいです。お金がかからない方法なので、今日からでもすぐに始められます。

もう少し風水を取り入れたいのであれば、寝具の色を変えたり植物を置いたりしてみましょう。また、寝室に置かないほうがいいものを撤去することも大切です。

今回ご紹介した8つのポイントを意識して、運気アップを目指しましょう。ただし、風水を意識しすぎて居心地が悪い寝室になってしまっては元も子もありません。自分が好きな色やインテリアを全て排除するのではなく、バランスを保って心地よい部屋作りを行うことが大切です。

今話題の占いに興味はありませんか?

【対象の占い師なら何人でも初回10分無料鑑定受付中】

初回相談なら10分無料で今話題の一流鑑定士が占いや相談に乗ってくれますよ♪ ※対象の鑑定士のみ

  • 恋愛
  • 復縁
  • 不倫
  • 離婚
  • 仕事
  • 人生

これらの悩みや相談を初回10分無料鑑定で解決します。

あなた専用のプランで最短であなたが幸せになれる方法をお届けします。

この機会に是非ご活用ください


※対象の占い師なら何人でも初回相談10分無料です

コメント

タイトルとURLをコピーしました